soak_4のコピー

CIMG2823a

ねごとの「SOAK」と「“ETERNALBEAT” TOUR 2017」をフラゲ!

リード曲の「サタデーナイト」と「WORLDEND」は
LINE LIVEの「結成10周年&「SOAK」発売記念SP」でフル尺で聴いていて
特に「WORLDEND」はすでにライブで聴きたい熱が沸点に達していた。


※関連記事

00

【ねごと】結成10周年&「SOAK」発売記念SPまとめ


一通り聴いたファーストインプレッションは
やっぱり「WORLDEND」が1曲だけ突出していて
他に刺さる曲がないのである(シングルを除く)

ファンだからと言って全曲が好みの曲とは限らない。
ex Negotoの様に奇跡みたいなアルバムもあるが
実際はアルバムに2~3曲あればいいと思っている。

5で言えば「そして、夜明け」「トレモロ」「街」
VISIONで言えば「憧憬」「透明な魚」「endless」「GCK」
ETERNALBEATで言えば「ETERNALBEAT」「シグナル」「mellow」「Ribbon」

ETERNALBEATはダンスミュージックという括りで
全体的にまとまっていて4曲と多いが
めちゃくちゃ刺さりまくったのは
実はVISIONの「憧憬」と「透明な魚」だったりする。

そしてVISIONの曲達はライブで更に魅力を増す。
「憧憬」では最後の雄叫びでテンションの針が振り切れ
「透明な魚」はクラップしながら踊れ
「endless」は溜めた後に人差し指を天高く突き刺し
「GCK」の小夜子嬢のドラムソロは必見!

鬼門の5は3曲挙げたが他の2枚より薄めで
今回のSOAKと似た状況かも知れない。

まーでも最初の印象がパッとしなくても
後から良さに気付くなんてざら。
幸い来年のツアーまで2ヵ月とたっぷり時間があるので
それまで聴き倒すのみ!←そこは染み込ますやろ!(1人ツッコミ)

※ひとりごと
 ライターやイエスマンのファンの意見だけを鵜呑みにしてたら
 勘違いしかねない…

 全員のライターがそうとは言わないけど
 お金を貰って書く以上、大きく否定はできない(今後の仕事に影響するから)
 例えばグルメレポーターがおいしくなかった時に
 「個性的な味ですね」というのと同じ書き方をするか
 嘘をつくしかないわけで(それがCDの売り上げに直結するなら否定はしないが)
 あと小難しい音楽用語を並べられても
 リスナーの大半は素人だからね(誰に届けたいのか)

 またTwitterやインスタで無条件に「いいね」をする
 イエスマンのファンも嫌われたくないから
 良いことしか言わない(甘い毒)

 ネガティブな意見をできるだけ多く収集し精査して
 自分達の芯はブレず糧にすれば
 また一歩前に踏み出せるんじゃないだろうか。

CIMG2824a

W購入者特典の「“negoto film photobook-2017-”」は
藤咲 佑(Ba&Cho)がETERNALBEATツアーからつい最近まで
撮りためた写真をぎゅっと1冊に詰め込んだ作品。

ミニ冊子程度を予想していたが
実物は思ってたより大きくてうれしい誤算だった(210mm×148mm)


【早期購入特典あり】SOAK
 
【W購入者特典】“ETERNALBEAT" TOUR 2017

【日程表】ねごとワンマンツアー2018 「SOAK」(仮)
開催日開催地会場キャパ(推定)
02月09日(金)東京LIQUIDROOM900人
02月11日(香川高松DIME300人
02月12日(月・祝京都京都MUSE350人
02月16日(金)広島SECOND CRUTCH300人
02月17日(岡山LIVEHOUSE IMAGE250人
02月25日(福岡FUKUOKA BEAT STATION400人
03月03日(栃木HEAVEN'S ROCK 宇都宮 VJ-2300人
03月10日(新潟新潟CLUB RIVERST180人
03月11日(長野LIVE HOUSE J300人
03月17日(岩手the five morioka300人
03月18日(宮城仙台 MACANA250人
03月21日(水)北海道札幌cube garden350人
03月22日(木)北海道帯広Rest150人
03月25日(大阪心斎橋BIG CAT850人
04月07日(愛知NAGOYA CLUB QUATTRO550人
04月21日(東京TSUTAYA O-EAST New!1,300人

そして来年2月から3回目となる全国ワンマンツアー
ねごとワンマンツアー2018 SOAK
が16都道府県で行われる(TSUTAYA O-EAST[FINAL]が追加された)

前回のETERNALBEATツアーから
アイデンティティでもある「お口ポカーン」が外されたのだが
今回も表記が見当たらず寂しい限りである。

小夜子嬢が考えるとんちの効いたサブタイも
一つの楽しみだっただけに残念無念。

(妄想)
ねごと presents お口ポカーン!!
二度あることは三度ある!全国ワンマンツアー2018
~ありきたりな夜を音圧で浸SOAK~

でもライブが楽しいことは間違いないので
お近くの方は是非に!
そして四国の方は高松DIMEにおいでまい!!


※関連記事

四国のコピー

四国の「ねごと」ファンは高松においでまい!