タイトルのコピー


※自分で足を運んで参戦した箱のみ掲載しています

※ライブハウス一覧まとめはこちら

※2019/11/26
 リニューアルしました(他の箱も随時刷新予定です)




梅田Shangri-La

読み:うめだ シャングリラ

住所大阪市北区大淀南1-1-14
最寄駅JR 大阪駅(大阪駅からの行き方は↓動画)
阪急 梅田駅
御堂筋線 梅田駅
駐車場なし
ロッカー30台
キャパ(推定)400人(1列:15~20人)
ドリング代600円(2019/11/18時点)



■筆者の梅田Shangri-La参戦履歴 
日付イベント名出演アーティスト
2013/11/24(日)ヲワカフェスタ!今年もアリゲータ
「マウンテングリラvs緊張リキッド」
チリヌルヲワカ
2018/09/22(土)FINLANDS「BI TOUR」FINLANDS
2019/11/18(月)はじめのひととき蒼山幸子(ex.ねごと)
and more…
※イベント名をクリックでライブレポートが見れます!



■行き方(動画)



大阪駅北口「暁の広場」からの道順です。
手ぶれがひどいですが参考になれば(↑動画)

↓暁の広場の場所はこちら。
大阪駅の構内図(「1F」を参照)



■メモ


店先のヤシの木(3本)がインパクト絶大で
遠くから一発で見つけられるので迷うことはない。

店内も緞帳(どんちょう)を筆頭に赤づくしの内装で
極めつけは天井のシャンデリア(×2)


■告知ボード

@kataotoが投稿した写真 -


告知ボードも凝ってるので要チェック!


■整理番号順の整列

02

ライブハウス前の歩道に整理番号が書かれたテープが貼られているので(↑写真)
その範囲内に2列で適当に集まればOK。
(※最終的に整理番号順に呼ばれるので正確に並ぶ必要はない)
(※一般の方も通るので邪魔にならないように車道側は開けておく)
(※駐車場の出入口は邪魔になるので開けておく)

公演によっては整理番号の前に
アルファベットが付いてる場合もあるので(A100番とかB200番とか)
事前に確認しておく。

開場10分前くらいにスタッフがアナウンスを始めるので
アナウンスに従い入場する。


■荷物


ライブハウスのコインロッカーは30台と少ないので
クロークに預けることになる。

大半の人は大阪駅や梅田駅を経由して来ると思うので
駅のコインロッカーを使うのもあり。
(※ただし休日や連休はコインロッカーが埋まるので注意)


■ドリンク代



入場時にチケットをもぎられるのと同時にドリング代を払うので
円滑に入場するため出来るだけ丁度の代金を用意する。
(500円なら500円玉、600円なら500円玉+100円玉という風に)

ドリング代と引き換えにドリンクチケットを貰えるので
ドリンクバーカウンターで飲み物と引き換えれる。

また対バン公演の場合だと
どのアーティストを見に来たのか聞かれる場合あり。


■MAMBO Inn


2016/12/23に梅田Shangri-Laの2階を
宿泊施設にリノベーションしてOPENする。

出演するアーティストの
移動、金銭面の負担を減らすために作られた施設。

内装工事費の一部はクラウドファンディングを行い
目標額を超える金額の調達に成功している(目標150万→成果168.5万)

部屋は3室あり(1室は女性専用)1室4名泊まれる(2段ベッド×2)
当然1階はライブハウスなので
PM23:00頃まではライブの音が聴こえるので神経質な人には向かない。


■フロア(物販、段差)

01

フロアはだいたいこんな感じ。

■物販(※公演によって異なる場合あり)
入口を入って左手。

■段差
全ての段差は20cm前後。

下のドリンクバー前(水色)は更に高く
腰の高さくらいの手すりもあるので最前は見晴らし抜群。

梅田Shangri-Laのコピーa

あんまり教えたくないけど
フロア中段のドリンクバーの前が最強説!(↑赤の場所)
フロア下段より一段高く(よっぽど背の高い人が前に来ない限り視界はクリア)
アーティストとの距離も絶妙で(3~4m)
ドリンクバーの囲いが背もたれになって楽だし
後ろから押されたりすることもない。

ただしモッシュが起きるようなライブで
暴れたい場合は当然、最前エリアが最強。


■最短ルート

02

入口で半券を切られ
ドリンク代を払いドリンクチケットを受け取り
防音扉を抜けるとすぐフロア。


■ステージからの景色



■服装

タイトルのコピー
【ライブハウス情報】服装まとめ